在宅ワークにするなら、光インターネットがあると理想的

テレワーク

テレワークや在宅ワーク、サイト作りなど、自宅でインターネットを使用して仕事をするなら、光インターネットの環境が整っていると、仕事がしやすくなります。

光回線にすると、インターネットのスピードが速くなることが多いですし、通信データ容量の制限なく、通信量を気にせずに作業できるという利点があります。

在宅ワークのほとんどは、インターネットを使ってするやり取りがあるでしょう。インターネットの環境が整っていると、その仕事だけでなく別の仕事に切り替わったとしても、他の家族がインターネットをもっと使うことになっても対応できるので、インターネット環境を整えて無駄になることはほとんどないと思います。

今回のテーマは、在宅ワークでのインターネット環境についてです。

光インターネットがおすすめな理由

・途切れにくい

・スピードが速い

・容量制限がない

光インターネットとWiFiルーターとの比較

持ち運び可能なWiFiルーターや、コンセントに繋いで使うタイプのルーターの料金設定の中には、データ容量無制限のタイプもあります。最初に料金プランを確認しておきましょう。

ある程度インターネットのスピードも出つつ、容量制限がないのであれば、使い放題WiFIiルーターにするという選択肢もあります。

つながりやすさでは、光インターネットの方が速く、途切れにくいなど安定していることが多いです。

また、料金を比較した場合、光インターネットの方が少し高くなることが多いです。

この料金の差を高いと見るか、それほど大きな差ではないから光インターネットにしようと思うかは、人それぞれです。

【一般的な特徴】

光インターネットWiFiルーター
つながりやすさ
速さ
料金の安さ

在宅ワークでインターネットを使う場面

・ネット検索

・インターネット通話

・TV会議

・動画視聴

・メールやメッセージの送受信

など

【ネット検索】

ネット検索は、ページを開く回数が多いほど、インターネットの速度が速いほど快適で、作業の効率も良くなります。

パッと画面が切り替わらなければその分だけ余分に時間がかかりますし、考えも中断されてしまって面倒に感じてきます。続きを調べるのをやめたくなったりして、思うような仕事ができなくなることもあるかもしれません。

【TV会議】

インターネットを使った通話やTV会議では、高速のインターネットにすると、映像や音声が途切れたりしにくいので快適になります。

TV会議や打ち合わせが多い人は、光インターネットだと便利だと思います。

【Eメールの送受信】

Eメールやメッセージの送受信などは、インターネットの速度は速くなくてもそれほど困りませんね。

TV会議など、リアルタイムでの動画や音声のやり取りをするには、高速ネットの方が理想的ですが、どうしても光回線ではないとできない訳ではありません。

【必要な用途に合わせて判断を】

モバイル式やコンセントにつなくWifiルーターで十分なこともあります。

インターネット会議などでは、予想以上にデータ量を使うことがあるので、使い放題のプランにしておくのがおすすめです。

ネットの接続が途切れたり遅れたりしがちなことにイライラしそうであれば、光回線に切り替えてしまうとストレスが少なくなると思います。

まとめ

在宅ワークでも、インターネットを使う量は人によって違うと思います。

特に、ネット検索やTV会議などが多い人は、高速ネット回線やデータ量使い放題などのほうが向いているでしょう。

光回線のインターネットは、設定するために配線工事が必要になったりすることもあるので面倒に感じるかもしれませんが、一度設定してしまうととても快適です。

配線工事といっても、日時を約束してスタッフの人に来てもらうことになりますが、工事の時間もそれほどかからず、1回で良いので、それほど難しくなかったと感じています。(住んでいる地域や物件によって必要な工事の料金が異なることがあります。)

一方で、モバイル式やコンセントで差し込むタイプのWiFiルーターの長所は、届いてすぐに使うことができ、価格も少し割安です。

予算や今後引っ越しをする予定があるかなどで、どんなタイプのインターネットにするかを決めても良いかもしれませんね。

インターネットの関連記事

インターネットがサクサク使える方が仕事がしやすい

固定インターネットは快適ーフレッツ光はどんなサービス?

ブログ作りに必要な道具とネット環境

ソフトバンク光にするなら、光BBユニットレンタルがおすすめ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク