ライバルサイトのチェックがこわくてできない?

作業

ページをアップする前に、ライバルサイトのチェックをしたことはあるでしょうか?

同じキーワードで検索されるライバルサイトは、どんな内容になっていて、ボリュームはどれくらいなのでしょうか?

このような分析や調査がきちんとされていると、どのように記事を仕上げていったら良いかを決めやすくなります。

今回は、ライバルサイトのチェックについて書きたいと思います。

検索順位は相対的

増加

増加

自分が書いた記事が、多くの人に見てもらえるようになるには、検索エンジンによって高い順位で表示されたほうが有利です。

キーワードで1位になると、多くの人がページを訪れます。

1位などの高い順位になれるかは、ライバルサイトによって変動します。

自分がその分野で初めて記事を書く人になったなら、1位になるのは難しくありませんが、たくさんのライバルがいる中で高い順位になるには、工夫が必要になってくるのです。

優位になれるポイント

記事の質」がまず第一です。質の高い記事は、検索エンジンからも高く評価されます。

次に、「記事のボリューム、つまり文字数」です。

簡潔で分かりやすいのが良いのは間違っていませんが、詳しい内容も伝えようとしていくと、文字数も自然と増えていきます。

記事が短すぎる場合、「あ、そう」「これだけ?」「もう一歩進んで知りたいな」と思われる内容になっていることがあります。

もう少し詳しく書ける内容があり、読者の知りたいのはその部分だったりするのです。

漫然としたつまらなく長い記事はダメですが、質の高い記事は文字数もそれなりにあることが多いです。

文字数についての記事

どうしてそんなに長いサイト記事が多いのか?
どうしてそんなに長いサイト記事が多いのか?
インターネットで検索していると、とても長い記事に出会うことも多いです。 たいていは、知りたいことがまだまだ続いて、読みごたえがあるな...

続いては、「サイトの強さと信頼性」です。

信頼性の高いサイトの記事は、同じような文字数でもライバルより高く評価されます。

信頼性の高いサイトになるには、その分野の権威のようなサイトであるか、その分野に詳しい専門的だと評価されることも重要です。

ページを上位に表示させたいなら、その特定のページだけでなく、サイト全体としての専門性や信頼性を高めていくことも考えていきましょう。

オリジナリティがあるページ」も評価が高いです。

同じようなジャンルでも、切り出し方や着眼点が違うと、オリジナリティのある記事になります。

ライバルページと同じようなことを同じように書いただけでは、差をつけることができませんね。

オリジナリティについての記事

オリジナルな文章は好かれる
オリジナルな文章は好かれる
インターネットで検索していると、同じような記事を見ることがあります。 別々のサイトなのに、どこかで見たことのあるような内容であったり、...

ライバルが強すぎるなら

重要

重要お

「これにはかなわない」と思ってしまうライバルページがあったらどうしたら良いでしょうか?

いくつか対処法があります。

【ライバルページへの対処法】

① その記事はやめておく

② 同じテーマであっても、角度を変えて、ライバルと違う要点のほうに注目させる

③ 一生懸命に記事は書くけれど、検索ではなく、リンクによって他のページから訪問してもらえるように工夫する

という方法を試してみることができますよ。

まともにライバル記事よりもうすい内容で、同じテーマで何となく書くだけでは、勝てる気がしませんね。

自分が書こうとしている記事のキーワードで検索するだけで、簡単にライバルページをチェックできるので、やっておいたほうが、執筆の方向性を決めやすく、遠回りせずに済みます。

チェックするのがこわい理由

わかっていても、ライバルページを見るという気が進まないこともあります。

【こわい理由】

・ 手間や時間がかかる

・ スゴすぎるサイトを見るのがこわい

ライバルもよく見ずに始めてしまうほうが、後々もっと手間がかかることが多いですし、見るのをこわがっていると、独りよがりになってしまって現実を受け入れることができず、効果的な策を見つけにくくなってしまいます。

読まれる記事になるには、自分の世界も必要かもしれませんが、読者たちや全体の傾向と対策も考えてみる必要があるでしょう。

流され過ぎないで

スタート

スタート

ライバルチェックでのリスクとして、チェックしているうちにネットサーフィンでネットの宇宙をさまよってしまい、戻ってくるのに時間がかかることがあります。

また、他のサイトの影響を受けすぎて、同じようにしてしまい、オリジナリティを出しにくくなることもあります。

ライバルチェックをする時には、目的を持って、ただ何となく見ないようにしたいですね。

ただし、コピーになってはいけないですが、良い方法を取り入れてある意味で真似ることによって、他のサイトから学ぶこともできますよ。

オリジナリティは、次第に身につけていけるものかもしれないですね。

まとめ

効率よくサイト作りをしていくには、ライバルページのチェックが欠かせません。

ライバルから学び、質の高い記事を書いて、コツコツと積み上げていくことによって、信頼性の高いサイトになることを目指していきましょう。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク