固定インターネットは快適ーフレッツ光はどんなサービス?

ライティング

固定回線のインターネットサービスは、通信速度が速く、データ量に制限がない使い放題のプランを利用できます。

フレッツ光のような、固定回線のインターネットサービスを利用すると、使えるデータ量を気にしたり、低速通信で画面がなかなか表示されないのを待つ必要なく、快適に過ごすことができるところが大きな魅力です。

インターネットを使うことが増えてきたら、固定回線にするメリットが増えてきます。

外出先や移動中にも使うには、スマホやポケットWiFiのようなモバイルタイプが便利ですが、家で使うことが多い人や、家族と一緒に住んでいる人には、光インターネットおすすめです。

ネットですぐに調べ物をしたり、サイトやブログを作ったりするときにも、作業がさらにはかどるかもしれませんね!

※ 関連記事

ブログ作りに必要な道具とネット環境
ブログ作りに必要な道具とネット環境
サイトを作るのに、ブログ形式が始めやすいと言われています。 実際にブログだと、テンプレートを決めると、全体のデザインや構成がほぼ出来上がっ...

固定電話がなくてもインターネットを申し込める

OK

OK

フレッツ光は、固定電話を引いていなくても、インターネットのみ申し込めます。

また、開通した後に、固定電話だけを追加で申し込むこともできます。

今のところ、携帯電話の番号だけで連絡がすべてできている人は、インターネットサービスだけ申し込むことができるので、便利ですね!

ひかり電話のオプション

フレッツ光を申し込むと、同時にひかり電話のオプションをつけることもできます。

ひかり電話とは?

光回線を利用することにより、加入電話と同等の品質のままで、お安い料金で通話できる電話サービスのことです。

110番(警察)や119番(消防)、フリーダイヤルや国際電話も利用できます。

【料金】

月額基本料金が500円

通話料が3分8円

(ひかり電話は、全国一律の通話料なので、一般の加入電話よりもお得にかけられます。)

【初期費用】

新たにひかり電話の番号を取得する場合には、初期費用0円、

現在の加入電話の番号を引き継ぐ場合には、3,000円の初期費用がかかります。

ただし、同じ番号を引き継げるかどうかは、一度確認が必要なようです。

その他、詳細については、ホームページで確認、またはオペレーターにお問い合わせをしてみましょう。

現在固定電話を利用していない人にとっても、ひかり電話のオプションは便利かもしれませんね!

フレッツ光の料金

料金

料金

固定インターネットは高いと思われがちですが、意外とリーズナブルに利用できます。

特に、集合住宅で利用するほうが、基本料金が安いです。

住んでいる地域によって(西日本と東日本)、また集合住宅か戸建てなどによって、条件が変わってくるので、申し込み前によく確認してくださいね。

【かかる費用】

基本料金 + プロバイダ料金 +(オプション ひかり電話など)

契約料 800円 + 初期工事費用

集合住宅のほうが、料金が安い

【基本料金】

戸建 集合住宅
完全放題 2段階定額 完全放題 2段階定額
ファミリー・スーパー

ハイスピードタイプ 隼

フレッツ 光ライト

ファミリータイプ

マンション・スーパー

ハイスピードタイプ 隼

フレッツ 光ライト

マンションタイプ

4,300円〜 2,300円〜 2,250円〜 2,200円〜

集合住宅タイプでは、完全放題と、使った分だけとのプランでは、料金の差がほとんどないので、完全に使い放題のほうがおすすめです。

フレッツ光キャンペーン実施中!

例えば  集合住宅、マンションの場合(西日本の税抜価格 2018年2月現在)

月額料金

2,250円 + プロバイダ料金  + (オプション)

契約料

800円

初期工事費用  

15,000円(初回に3,000円+400×30回分割払い)
LAN配線方式の場合、7,600円

ここで、プロバイダを選ぶことができます。

【プロバイダ比較】

プロバイダ 月額料金(集合住宅)
YAHOO! BB フレッツ光 950円
OCN 900円
BIGLOBE 900円
楽天 900円

それで、プロバイダを月額900円のプランで契約するとすると、

2,250円 + 900円 = 3,150円 〜

プラス、初期工事費用

固定インターネットを始めることができます。

思ったよりも高くないな、と思いました。

長く継続すると割引になる!

8年目まで継続すると、月額基本料金が1,830円にまで下がりますので、

月額900円のプロバイダだと、

1,830円 + 900円 = 2730円 〜

で利用できるようになります。

【年数経過による、基本料金と、解約料金一覧】

年数 基本料金 解約料
1年目 2,250円 7,000円
2年目 2,250円 3,500円
3年目 2,080円 10,500円
4年目 2,030円 7,000円
5年目 1,980円 3,500円
6年目 1,930円 10,000円
7年目 1,880円 7,000円
8年目 1,830円 3,500円
9年目以降 1,830円 3,500円

光もっと割 が適用されて、継続していくと料金が割引されていきます。

最初は2年、次からは3年ごとに契約が自動更新されていきますが、期間内で解約すると、違約金が発生します。

まとめ

最初に初期費用や工事がかかるものの、一度設定してしまうと、そのあとはずっと使えるので、思い切ってき固定インターネットに切り替えてみるのもいいと思います。

モバイルWiFiを契約するにしても、WiFiルーターの機種代がかかったりするので、費用的には、それほど変わらないか、マンションタイプであれば固定インターネットのほうがお得感があるように思います。

また、固定インターネットの速さは、さらに快適です。

ひかり電話もセットにすると、固定電話も設置できるだけでなく、通話料もお得になります。

電話回線の加入電話回線を検討中なら、フレッツ光+ひかり電話という選択も合わせて考慮するといいと思います。

【フレッツ光を詳しく】

インターネットはフレッツ光

※ 関連記事

ブログにかかる初期費用はどれくらい?

サイト記事ができるまでの流れや手順

在宅ワークにするなら、光インターネットがあると理想的

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク